【Enthrallの評判/口コミ】最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座はおすすめできる!費用や講師情報も

Enthrallの最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座

株式会社Enthrallの「最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座」は、未経験者や初心者ライター向けの講座です。

ライティングの基礎だけでなく、SEO対策や執筆案件の受注方法まで講座内で実践しながら学びます。

 結論から言えば、Enthrallの最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座はおすすめです! 

 

Enthrallの最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座!
Enthrallの最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座

\ライティングの基礎から実際の納品までを3か月で!/
\ときどき割引キャンペーンをやってます
!/

Enthrallの公式サイトをチェックする!

 

Enthrall(エンスロル)の最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座とは?

Enthrall(エンスロル)の最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座とは?

副業としても、独立してフリーランスとして働くのにも人気なのがWebライティングです。

誰でも気軽に始められるのが人気の理由の一つですが、すぐに満足いくような仕事ができるわけではありません。そのため、しっかりとスキルを身に付けることが成功のカギとなります。

初心者ライターやこれからライター業を始められる方におすすめなのが、Enthrallの「最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座」です。Webライティングの基礎から仕事デビューまでを徹底ケアしてくれるサービスです。その内容と魅力をチェックしてみましょう。

ちなみにEnthrallはエンスロルと読みます。

講座概要:ライティングの基礎から仕事を受注して納品するまで

Enthrall(エンスロル)の「最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座」は、 オンライン講座なのですべて自宅で学べる のが特徴です。

講座自体はセミナー形式の動画で提供され、7章に分かれています。いつでも好きな時間に動画を観て学べますし、繰り返し視聴して復習も可能です。これは動画講義のメリットです。

セミナー動画は、実際にライターとして活躍しているプロが講師となっているため、実践的で分かりやすい内容です。

こうしたセミナー動画に加えて、サポートが付いているのもEnthrallの特徴です。受講者だけが利用できるチャットルームに入って、プロ講師にいつでも相談できます。

必要に応じて、ZOOMなどのリモート会議システムを使って、顔を見ながら相談することもできます。こうした相談では、実際に執筆した記事のチェックと分析をしてもらったり、仕事が取れるライターとして成功するためのアドバイスをもらえたりできます。

Enthrallでは、こうした講座を単に技術習得という観点で進めるのではなく、実際に案件を請けて実践しながら学んでいくというスタイルを採っています。そのため、講座の後半では、案件を講師と一緒に見つけ、デビューを果たします。

その上で、クライアントに提出する記事の添削を講師にしてもらいつつ、安心のスタートを切れるようにしているのも特徴です。すなわち、実際にライティングで稼げるようになるまでが受講内容です。

これは非常に重要です。というのも、 ライティング能力と仕事を取る能力は別 だからです。稼いでいるライターはどちらの能力も持ち合わせています。

最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座の評判・口コミ

ツイッターで本講座の評判や口コミを調査しました。残念ながら、現時点でそのような内容のツイートは見つけられませんでした。

私はライターへ執筆を依頼するクライアントでもある一方で、自分で記事を書くライターでもあります。私個人の感想としては本講座はおすすめできます。

その理由は以下の2点です。

おすすする理由:Enthrallの最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座
  1. 仕事を受注して納品までを実践できる
  2. SEO対策の概念を学べる

順番に簡単に説明します。

おすすめ理由1:仕事を受注して納品までを実践できる

世の中にはライティング講座はたくさんあります。しかし、仕事の受注と納品まで実際に体験する講座はほとんどありません(少なくとも私は知りません)。当然ですが、記事の書き方だけを学んでも稼げるようにはなりません。ライティング案件を見つけて受注しなければなりません。

駆け出しのライターは、この最初の仕事の受注が難しく感じます。自分の力量で受注してもよいのか不安になったり、ライターがどのようにしてクライアントにオファーを出しているのかわからないためです。講座内でここまで経験できるのは強いです。誰でもそうですが、最初に一回目が最も不安だからです。

おすすめ理由2:SEO対策の概念を学べる

ライターにとってSEO対策の理解は必須です。SEO対策については後述していますが、簡単に言えば、その記事がGoogleやYahoo!検索で上位に表示されやすくする工夫のことです。

私はこれまで数えきれないほどライターにライティングの依頼をしましたが、残念ながらSEOを理解していないライターがとても多いです。納品された記事を見ればすぐにわかります。

逆に言えば、SEO対策を理解しているライターはとても心強いです。そういうライターには何度も依頼します。

是非本講座でSEOも一緒に学んでください。必ず他のライターに差を付けられます。

\ライターで月5万円は難しくない!/

Enthrallの公式サイトで詳しく見る

 

株式会社Enthrallの会社概要

会社名 株式会社Enthrall
所在地 東京都千代田区神田三崎町3-8-5 千代田JEBL 5F
電話番号 03-6893-3800
FAX 03-6893-3900
代表者 代表取締役 佐藤 渉
設立日 2019年4月1日
資本金 1,000万円
業務内容 Webメディア事業
Webマーケティングのコンサルティング事業
インターネット広告事業
ライフエンディングサポート事業

最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座で学ぶ内容一覧

最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座で学ぶ内容一覧

以下は「最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座」で学ぶ内容の一覧です。

第1章
クラウドソーシングで仕事受注
  • Webライターとして稼ぐ3ステップ
  • メディア・サイトのビジネスモデル
  • 仕事を受注できる「クラウドソーシング」とは?
  • クラウドソーシングへの登録、プロフィール設定のコツを伝授
  • 案件・仕事の探し方、3つの仕事形態について
  • 良い案件の基準とは?
  • 仕事をもらうための提案文の書き方、そのままコピペできるテンプレート付き
  • 仕事を受注した後の流れ
第2章
SEO、検索ニーズの調べ方
  • SEOとは?検索エンジンの仕組みについて
  • SEOはなぜ重要なの?
  • 検索結果の上位に記事を掲載するためのポイント解説
  • SEOの基礎知識
  • 検索キーワードの狙い方、キーワード種類の解説
  • キーワードの調べ方、無料で使える便利ツールの紹介
  • 選んだキーワードをライティングに活かす方法
第3章
検索ニーズに沿った記事構成
  • ユーザーが検索する目的を知ろう
  • 8つの検索動機について解説
  • 検索意図と答え合わせをする方法
  • キーワード選定における重要な「派生キーワード」を解説
  • 派生キーワードの調べ方
  • 検索キーワードに沿った記事の構成方法
第4章
伝わりやすい文章構成
  • 検索ニーズに合わせて内容と構成を考えよう
  • 対象とするべき読者とは?
  • リード文の作り方、読者の心をつかむリード文
  • 読まれる本文の書き方、組み立て
  • 総括・まとめを印象的に書く方法
  • 文章執筆で意識するべき4つのこと
  • 記事の納品前にやるべきこと
  • 記事の納品後にやるべきこと
第5章
伝わりやすい文章改善
  • 文章にお化粧をしよう
  • 読者が直感的に読みやすいコンテンツを作る
  • 改行の効果的な使い方
  • 漢字とひらがなの使い分け
  • 箇条書きの有効な活用テクニック
第6章
単価交渉のやり方とタイミング
  • 単価を上げる4つのステップ
  • クライアントを増やすメリットと増やす方法
  • クライアントに単価交渉を行う適したタイミング5つ
  • 単価交渉のやり方、相談用の例文付き
  • 単価UPには、個人ブランティングも効果的
第7章
自分のサイトを立ち上げよう
  • ブランディングとは?
  • 個人サイトを運営する意義
  • 個人サイトの運営手段を解説
  • 誰でもわかるほど丁寧な個人サイトを作る手順解説
  • サイト立ち上げ後にやっておくべき設定

Enthrallの受講期間は3か月, 受講費用は税込88,000円

Enthrallの最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座受講期間と料金

Enthrallは、教材を購入することでサービスがスタートします。前述のように、教材は7章に分かれたセミナービデオですので、いつでも好きな時間に繰り返しチェックすることができます。一気にセミナービデオを観て実践していくこともできますし、じっくりと時間をかけて学ぶこともできます。そのため、固定された受講期間というものはなく、自分のペースで学んでいけるのがメリットと言えるでしょう。

教材を購入してから3か月間は、無料でフルサポートを受けることができます。チャットやオンラインシステムを使って、講師に相談したり、執筆した記事を添削してもらったりすることができるサービスです。フルサポートは3か月という受講期間の設定がありますので、この期間を活用できるように予定を組みましょう。

受講料金は、通常価格で税込88,000円です。割引キャンペーンが実施されていることもあるので、公式サイトでチェックしましょう。

この受講料金にはビデオ教材だけでなく、3か月間のサポート代金も含まれており、仕事を見つけるためのサポートも受けられます。また、添削や相談の回数についても制限がなく、期間中であれば自由に利用できるというのも特徴です。初回に支払う費用以外に追加料金は発生しません。

他のサービスと比較をしてみるとそのお得さが分かります。相場としては7万円程度から十数万円くらいまでと、もともと幅がありますが、その中でもEnthrallは割安な料金設定をしていますので、気軽に受けられます。

しかも、多くの会社はコンサルタントの回数制限があったり、講師との直接相談をしたい場合は別途オプション料金を支払わないといけなかったりします。

\割引キャンペーンを見逃してはいけない!/

Enthrallの公式サイトで詳しく見る

 

学習内容

学習内容Enthrall(エンスロル)の最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座

Enthrallの学習内容は、Webライターとしての仕事の仕組みから始まります。ビジネスモデルや仕事の見つけ方、どんな案件を探すべきかなどの点を学ぶことによって、Webライターとしての根本を確認できます。

その後、Webライティングでは重要度の高い、SEO対策について学べます。そもそもSEOとは何か、どんなことに注意して記事を書いていくべきなのかをチェックできます。実際の案件では、クライアントからキーワードを指定されたり、キーワードを作って記事を書いたりするように求められます。その具体的なやり方を動画で説明していますので、とても役立ちます。

その上で、質の高い文章の書き方を学んでいきます。文章の組み立ての仕方や、納品する前にチェックすべき点などを理解し、実際に記事を作成する際の流れに沿って一つずつやり方を学べるのが特徴です。

文章構成について学んだら、それをさらに魅力的で質の高いものとするテクニックを学習していきます。

記事執筆のために必要なスキルを身に付けることができたら、案件を獲得していくための講義が始まります。クライアントとの単価交渉をしていく方法や、効果的なタイミングの見極め方などをチェックすることができます。

Webライターとして実績を積んでいった時のことも想定し、個人サイトを自分で立ち上げるというところまで、講義で解説されます。個人サイトを作るための手順だけでなく、細かな設定の仕方なども教えてくれますので、ライターとしての完全独立を果たすためのスキルをしっかりと身に付けられます。

受講から稼ぐまでのステップ

受講から稼ぐまでのステップ

Enthrallを申し込んだら、すぐにビデオ教材を視聴できますので、自分のペースで勉強していきます。同時に、Discordというフル無料のチャットサポートに申し込み、講師に相談しながら学習を進めることができます。ある程度学習が進んだら、案件を実際に探していくことになります。この際にも、講師と相談をしながら、それぞれに合った案件を見つけることができます。

候補となる案件を見つけることができたら、Webライターとしてのプロフィールを作って応募します。クライアントとのやり取りをスムーズに進めるために、講師に相談することも可能で、どんな点について確認しておいたら良いかなどをアドバイスしてもらいます。

契約が決まり、いよいよ記事を執筆することになったら、仕様を確認しながら執筆作業を進めます。最初の記事を完成させたら、講師にそれを提出して添削をしてもらいましょう。プロに添削してもらうことで、質の高い納品ができます。それにより、クライアントへ良い印象を与えることができますし、ライターとしてのスキルを伸ばすことにもつながります。

Enthrallでは、こうした添削については本数の制限がありませんので、クライアントに実際に提出する前に、繰り返し講師にチェックしてもらうことができます。こうして質の高い納品を繰り返すことで、より報酬の高い案件にも手を出せるようになります。クライアントに単価アップの交渉をしたいということであれば、講師がその点でもサポートをしますので安心です。

3か月の受講期間が終了する前に、副業として毎月5万円を継続的に稼げる状態を目指します。

\行動しないと変わらない!/

Enthrallの公式サイトで詳しく見る

 

講師情報

講師情報Enthrall(エンスロル)の最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座

Enthrallの講師は、業界で活躍してきたこの道のプロです。WebマーケティングやWebメディアの分野で、様々なサービスの立ち上げを支援した実績を持っています。もちろん、コンテンツ制作の中で効果的なライティングの手法も確立していますので、そのノウハウを余すことなく提供できます。Enthrall社も複数のメディアを運営していて、多くのユーザーを集めるサイトへと成長させています。

ライター育成の実績が豊富で、たくさんの外部ライターを育ててきました。そのため、IT業界で実際にどんなライターが求められているのか、高単価の案件を請けられるライターとはどんな人なのかを熟知しています。その上で、スキルアップのための指導を親身になって行えるのが特徴です。

申し込み方法

Enthrallの最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座への申し込みはとても簡単です。公式サイトの申し込み画面から申し込みをします。いくつかの情報を入力をして、決済を完了すれば、すぐにセミナー動画を受け取ることができます。

支払いはクレジットカード払いとなっていますので、申し込みの際には手元に準備しておきましょう。また、申し込み後は、講師とのやり取りで使うチャットツールや、ZOOMなどのオンライン会議システムをダウンロードすることになります。

こうしたツールはすべて無料ですし、簡単にダウンロードできますので、すぐにスタートできるでしょう。

\今日からあなたもライター!/

Enthrallの公式サイトで詳しく見る

 

Webライターってどんな仕事?どんな案件がある?

Webライターってどんな仕事?どんな案件がある?

今まで見てきたように、Enthrallでは全くのゼロの状態から、副業で月5万円稼げるWebライターになるまで、徹底的にサポートしています。副業として始めるのにも良いスキルですし、将来的に独立してフリーランスとして働ける可能性もあります

そこで、Webライターとはどんな仕事で、どんなメリットがあるかをおさらいしておきましょう。また、実際の案件はどのようなものなのかをチェックして、将来ライターとして活動しているイメージを持ちましょう。

指定されたテーマで記事を執筆

Webライターは、自分で勝手に記事を書いて売るという仕事ではなく、ほとんどはクライアントからの指定に基づいて執筆をします。それぞれのクライアントによりますが、多くは記事のテーマが指定されていて、そのテーマを膨らませたり深掘りしたりして記事を書いていきます。

たとえば、クライアントが「美容」、「金融」というテーマを指定した場合、それに関連する情報をリサーチして指定された文字数の記事にしていきます。

納期を守れば自分のペースで働ける

案件は基本的に納期が指定されていますので、その日付までに完成品を提出しなければなりません。逆に言うと、納期さえ守れば時間に縛られることなく、自分の好きな時間に働けるという魅力があります。

そのため、昼間は本業のために出勤して、夕方から夜の時間にかけて働いたり、休日だけ記事を書いたりすることも可能です。また、家族がいる方でも、上手に家族との時間を作りながら、バランスよく時間を管理できるのもうれしいところです。

また、詳しくは後述しますが、案件を獲得するために、クラウドソーシングを利用するライターも多いです。

クラウドソーシングの中には、応募をして承認されたら、指定された時間内にシステム内で執筆、納品をする仕組みを採っているものもあります。自分の働ける時間で作業ができる案件を選べば問題ありませんので、やはり自分のペースで働けることには違いがありません。

ただし、案件応募が多く出る時間帯や曜日というものがありますので、効率よく案件受注するためには、自分の都合を調整してそれに合わせていく必要が生じます。

案件の取り方によって作業時間なども変わってくることがありますので、仕事選びの際に注意したい点です。

仕様が指定されているのでしっかり守る

Webライティングの案件は、テーマだけでなく、記事仕様が指定されていることがほとんどです。

特に、文字数については「800文字以上」とか「12,000文字から14,000文字の範囲」でといった感じで、厳密に決められています。他にも、「ですます調」で文章を書く、素人でも分かる簡単な言葉を選ぶといった、文章の作り方についての仕様が決められていることもあります。

文の構成という面でも、すべての行で改行を入れるとか、3行ごとに2回の改行を入れるといった指定がなされることもあります。

こうした仕様は絶対に守らないといけないもので、いくら質の良い魅力的な文章を書いたとしても、仕様に沿っていないとボツとなってしまいます。そのため、案件を請ける際には、まずどんな仕様で依頼が来ているのかをしっかりとチェックすることが大事です。そして、執筆中も文字数をクリアしているか、表現方法が合っているかを確かめながら作業を進めていくことになります。

納品前のチェックも大事な作業で、誤字脱字がないかといったことだけでなく、クライアントの意図や仕様通りに仕上がっているかを確実にチェックします。

もう一つ大事なポイントが、キーワードの使用です。クライアントは記事のテーマと共に、文章の中に含めてほしいキーワードを指定してくることが多いです。

キーワードは文章の長さにもよりますが、1個から5個くらい指定され、全体で何回キーワードを使うかも指定されることがあります。当然、ライターとしてはテーマだけでなく、それらのキーワードを軸にして文章を考えていきます。指定されている回数を確実にクリアできるように、かつ不自然な文章とならないように、文章内に含めていきます。こうした点もしっかりと守ることで、クライアントから高い評価を受けられるようになります。

こうしてみると、Webライティングの案件というのは、注意すべき点がいくつもあることに気付くはずです。あまり慣れていないと、果たして要求通りの文章が書けるのかと不安に思ってしまうかもしれません。

しかし、Enthrallで、こうしたライティングを行うためのスキルを身に付けることができます。指定されたルールを守りながらも、質の高い記事を提出するためのポイントを効率よく学んでいきます。

しかも、試しに書いた記事をプロが添削してもらえますので、実際に仕事を受注するとなった場合、どの程度のレベルでチェックが入るのかを体験することも可能です。

とても実践的なレッスンを受けられるため、受講期間が終了する頃には自信を持って案件を請けられるようになるはずです。

\ライターの需要は増えている!/

Enthrallの公式サイトで詳しく見る

 

SEO対策の知識や仕事の探し方も知っておくべき

SEO対策の知識や仕事の探し方も知っておくべき

先程、クライアントから記事に含めるキーワードを指定されることがあると説明しました。その理由がSEOです。

SEOの知識があり、それを実践しながら文書を作ることができれば、より高度な案件を請けて報酬アップを狙うことが可能です。特に、Webライティングでそれなりにコンスタントに稼ぐには、SEO対策の知識は必須となります。

そこで、そもそもSEOとは何か、どうしてこの知識が必要なのかといった点をチェックしてみましょう。同時に、Webライターとしての仕事の見つけ方の基本も確認することができます。

SEOとは?

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略語です。Googleなどの検索エンジンから、自分たちのサイトが高い評価を受けられるようにする対策をすることを指します。これはサイトへのアクセス数を増やすことを目的とした対策で、よりたくさんの人に訪問してもらい、成果を上げるために、どのサイトでも大なり小なり行っていることです。

インターネットユーザーは、いろいろなルートで、調べたい内容について確認するためにサイトを訪問します。たとえば、SNSやチラシなどに記されているサイトURLをクリックしたり、他のサイトに貼られているリンクから来たりします。

しかし、全体の中でかなりの割合を占めているのは、GoogleやYahoo!といった検索エンジン経由のアクセスです。ユーザーは、知りたいことがあると、関連するワードを検索サイトに入力して、検索結果に表示されたサイトを訪れます。

ユーザーの傾向として、検索結果の上位に表示される、つまり最初のページの画面上部の方に出てくるサイトをクリックします。そのため、検索結果の上位に入ることができれば、それだけアクセスされる可能性が高くなるというわけです。

検索エンジンは、どのような記事を検索上位に表示するかルールを設けています。たくさんの要素がありますので一概には言えませんが、その大きなポイントとなるのが、高い質の記事とキーワードの有無です。

高い質の記事とは

ユーザーによって有益で、他のサイトでは見られないようなオリジナリティがあり、正確な情報であると、検索エンジンは質が高いと判断し、検索結果の上位にその記事を表示します。

そこで、SEO対策として、質の高い記事を書くということは重要視されているわけです。つまり、言い方を変えると、サイトのアクセス数の上下は記事を執筆するWebライターの腕にかかっているとも言えるのです。

キーワードの有無

先程、クライアントからキーワードを指定されるケースがあると述べました。これは、クライアントがこのキーワードで検索されたときに上位表示したいと考えているからです。

例えば、「副業」でGoogle検索した場合、検索結果には当然「副業」の単語が入った記事が検索結果に表示されます。しかし、検索上位に表示されようと思うと、単にキーワードが記事に入っているだけでは不可能です。

記事のタイトルに「副業」の文字を入れることはもちろん、記事内で副業について網羅的に書かなければなりません。網羅的とは、副業の種類、副業で得られる収入、副業をやるときの注意点など広い視点で記載されているという意味です。

 

サイトを運営するクライアントは、できるだけSEO対策のことについても理解しているライターへ依頼したいと考えています。同じような内容の記事にするにしても、SEOを意識した文章を書けるライターとそうでない人では、結果に大きな違いが出ることもあるからです(記事を読めばすぐにわかります)。

SEOの知識を持つと良い理由

このように、自社サイトを運営するクライアントにとっては、SEO対策がしっかりとできるかというのは、サイトの成功を左右する重要な要素となります。そして、質の高い文章を提供してくれるWebライターの働きも重要視しています。

こうしたことから、ライターがSEOの知識を持ち、検索結果の上位を狙えるような記事を書ければ、より多くの案件を獲得できます。報酬を決める文字単価も上がります。

一度納品したクライアントから評価されれば、単発の仕事だけでなく、固定契約を結べるようになるかもしれません。副業で毎月5万円を稼ぎ続けるためには、単発案件だけでなく、固定案件もあると非常に助かります。

依頼を受けるライターとして、SEOの知識を身に付けることはとても役に立ちますが、それ以上に必要性が高いのは、自分のサイトを運営するようになった時です。ライティングの経験を積んで、自分でもサイトを持ちたいと思ったら、その構成やデザイン、テーマなどを全部自分で考えないといけません。そして、アクセスを稼げるサイトにするためには、SEO対策をしっかりと施すことが欠かせません。

この面における確かな知識とノウハウがあれば、個人サイトであっても、企業サイトに負けないアクセスを集められるようになります。将来のことも見据えて、SEOについての勉強も行いましょう。

固定契約やクラウドソーシングで案件を探す

Webライターとして副業を始めるためには、当然、案件を受けないといけません。問題は、どこで仕事を獲得するかという点です。

ライティングの案件を見つける方法はいくつかあります。コンスタントに稼ぐために探したいのが、先程述べた固定契約です。

自社サイトで定期的に情報を更新している企業や、アフィリエイト目的でサイトを運営しているクライアントから出てくることが多いです。契約内容は様々ですが、ある程度毎月の案件数や報酬が決まってきますので、安定した収入を得るために有利な仕事の取り方です。

こうした固定契約を取ることができれば収入は一気に増えますが、仕事を始めたばかりだと実績も少ないので、なかなか難しいです。そこで、最初はクラウドソーシングを利用するのが一般的です。

記事を依頼したいクライアントとライターの橋渡しをするサイトで、いわば案件の仲介サイトと言えます。クラウドソーシングに登録すれば、すぐに依頼がなされている案件を確認できます。報酬や仕様、テーマなどを確認して、気に入ったら応募します。そのまますぐに案件獲得となることもありますが、他のライターも応募している場合、クライアント側で選考をします。

クラウドソーシングは気軽に案件を探せますし、たくさんのテーマや条件の異なる仕事がありますので、自分に合ったものを見つけやすいというメリットがあります。

固定契約を持っていても、仕事が少ない時やもうちょっと稼ぎたい時などに、単発で仕事を探すことができるのもクラウドソーシングの良さです。とても融通が利くサービスですので、初心者ライターの利用頻度は高いです。

Enthrallでも、クラウドソーシングを使った案件の探し方などを教えてくれます。実際に試しながら仕事デビューできますので、すぐに案件を獲得できて経験を積めます。

\最初の納品を超えられれば後は大丈夫!/

Enthrallの公式サイトで詳しく見る

 

専門性を身に付けて文字単価アップを狙う

専門性を身に付けて文字単価アップを狙う

Enthrallでライターとしての基礎を学び、ひとつライターの仕事を取れればまずは成功です。しかし、それで終わりということではなく、引き続きスキルを磨いていくことが重要です。

ライティングの仕事はとても奥が深く、専門性を身に付ければ、より良い仕事ができるようになるからです。

Webライターの報酬は文字単価で決まる

Webライターの報酬は、基本的に文字単価で決まります。

1文字当たり○○円という形で報酬があらかじめ決まっていて、それぞれの案件で指定されている文字数で記事を書くと、自動的に報酬は「文字単価x文字数」です。

文字単価は記事のテーマや情報源、専門性などによって決まります。かなり幅があって、1文字あたり0.2円くらいから10円を超すものもあります。

専門性の高い記事を書けるようになれば、それだけ高い文字単価で案件を請けられます。自分の得意とする分野で記事を書けますし、割の良い仕事ができますので、副業の効率を上げるために役立ちます。

医療や法律などの専門家による監修があった方が良い記事タイプや、ビジネス系や旅行系などの特殊な内容の記事だと、単価が高くなる傾向があります。

また、日本語だけでなく英文を書けるとか、リソースが英文の記事となっているケースでも単価が上がります。語学力を使って専門性を高めるというのも一つの手段です。

スピードアップで高収入を狙う

ライティングの仕事の報酬は文字単価で決まるわけですが、単に単価が高ければ良いというわけではありません。というのも、文字単価が高い案件は内容が難しかったり、リサーチのためにいろいろな情報源をチェックしないといけなかったりします。

もしくは、自分の経験を書いたり、どこかに行って取材をしなければいけなくなったりします。そのため、文字単価が高い案件は、書くのに時間もかかるわけです。

こうしたことから、むしろ簡単に執筆できる文字単価の安い案件を狙い、スピーディーにたくさんの記事を書いていった方が良いと考えるライターもいます。

それぞれのライターが得意とする仕事の進め方というものがありますので、自分のスタイルを確立したいものです。どちらにしても、執筆スピードを速めるのはとても重要なことです。タイピングやリサーチ、まとめ方などのスピードを上げることができれば、それだけ割り良く仕事ができるからです。

これは経験も大きく関係するものですので、最初は遅くても焦らずに仕事を続け、徐々に執筆スピードを上げていけるようにしたいものです。また、限られている納期に間に合わせるのも楽になりますので、心理的にも楽に仕事ができるというメリットもあります。

専門的な内容を扱う記事を担当して収入アップ

それぞれの能力や経験といった要素もありますが、やはりそれぞれが努力してスキルを磨いていくことで、収入アップのチャンスを生み出します。

特に、専門的な内容でも執筆できるようになると、ライターの報酬だけで生活できるようになります。クラウドソーシングでも、他のライターが手を出したがらない難しい内容の案件に応募できて、案件獲得の可能性が高まります。

前述の通り、こうした案件は単価そのものが高いので、より効率よく稼げるというのもメリットです。さらに、概して専門的な内容の記事は文字数が多くなる傾向があります。一記事あたりの報酬も高くなりますので、収入アップが楽になります。

自分の得意とするジャンルの知識を加え、積極的に専門的な記事の案件を受注して経験を積んでいくようにしましょう。

\割引キャンペーンを見逃してはいけない!/

Enthrallの公式サイトで詳しく見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA