イノベーションのジレンマとは?【経営戦略・マーケティング】

イノベーションのジレンマとは?

クレイトン・クリステンセン(Clayton M. Christensen)が提唱したイノベーションのジレンマは、大企業がなぜ新興企業に負けるのかを説明した理論です。

富士フイルムやインテルなど製造業の事例が多いですが、どの分野の産業でも当てはまります。 イノベーションのジレンマ(Innovator’s dilemma)の解説動画を紹介します。

YouTube動画

以下の動画ではノベーションのジレンマを簡単にまとめられています。

【動画】グロービス学び放題

クロービス学び放題に登録されている方は、カテゴリ<戦略・マーケティング>の初級から視聴できます。動画時間は12分間です。

このコースについて

かつては誰もが持っていた製品が、あるイノベーションによって、あっという間に他の新製品に取って代わられてしまうといったことは、いつの時代も起こっていますが、その背景には「イノベーションのジレンマ」が潜んでいるかもしれません。「イノベーションのジレンマ」とは、業界トップの既存プレーヤーが破壊的イノベーションを持つ新興プレーヤーを前に力を失うメカニズムを説明した経営理論で、ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授が提唱しました。
イノベーションのジレンマが起こる理由や、言葉の定義を正確に理解し、自社にとってのイノベーションとは何かを考える際に役立てましょう。

コース内容

  • 例①-1:楢崎さんの報告
  • 事例①-2:田辺課長が伝えたいことは?
  • イノベーションのジレンマとは
  • 持続的イノベーションと破壊的イノベーション
  • イノベーションのジレンマが起こる理由
  • まとめ
  • 事例①-3:楢崎さんの気づき
  • 留意点

グロービス学び放題の登録方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA